Home日記とか › 遅ればせでことしの目標なぞ

遅ればせでことしの目標なぞ

もう10日ですねー。

年末は大みそかの日まで忙しかった。
とりあえず去年のまとめを書いてからじゃないと、ことしのことは書けないなと思ったので、
かけ足でMMRまとめとラーメンまとめを書いた次第。

例年と違って具体性はなく、何となく雰囲気でこういうことをやりたいな〜と考えているのだけど、
こうやってブログに書くことでもっと明確になっていくかもしれない。
ならないかもしれない。

とりあえず、やってみよ!

 

スポンサードリンク

マニアック京都

去年めでたく再始動できたので、まずはコンスタントに活動すること、
そして、とにかく秋ごろ(11/19?)目標の21周年イベントでしょうなあ。

あとは、今だからこそっていう新曲を書きたいな。
自分でもびっくりするような曲、出てこないかなあ。

 

ぎたれん

もちろんマニ京のためではあるのだけど、ここではあえて別項として立ててみる。

12月にこれを購入して、練習を始めた。

一応毎日30分、翌日以降への繰越可で週3.5時間という練習時間の確保を目標としている。
ただし、なるべく週またぎはしない方向で。
あまりため過ぎると破綻しちゃうからね(どうしてもその週は忙しいとかになったら、また考える)。 

この本は2小節のフレーズを毎日1つずつ練習するというコンセプトのものなので、
30分確保すれば大抵のフレーズは「とりあえず」弾けるようにはなると思う。 
問題は「とりあえず」をいかにして越えるか、あと家だとエレキでしか練習できなそうなのをどうするかだが…。
まあ、それはそのうち考える。
今はとにかく基礎練習だ!

 

読書

おととしは年50冊という目標で無事達成したが、目標というには少なかったよなあ。
ただ、去年はあまり熱心に読書をしなかったので、やはり目標を掲げておいたほうがいいみたい。
読書はクリエイターにとって大切な栄養源だと思うからね。

ことしは冊数ではなく時間で、毎日1時間の読書。
これも繰越OKで、週7時間が目安。

最近はiPhoneのKindleアプリで読むことが多くなった。
常にそばに置いているiPhoneは、ちょっとしたすき間時間に読むにはちょうどいいのだ。

切りのいいところまで読むというのは諦めて、
「次は現在開いているページの1段落目から読む」というルールにした。
こうしておくと、ちょこちょこ読むときに便利。
物語は追いにくくなるかもだけど。

 

英語学習

ことしもやりますやってます。
多読、単語勉強、Friends視聴の3パターンのどれでも、1日最低30分。
まあ多読が一応メインではあるんだけど(このブログの多読ページをもうちょい充実させたい)、
英語学習の最終目標は「原文で小説を読めるようになること」と言っておくとかっこいいが、
それ以上に大きいのが「ドラマ・映画のながら見をしたい」で、耳ももうちょい鍛えたい。
なので、この3つを軸に勉強できればと思っている。

多読まとめページはこちら。 

単語勉強は引き続きDUO3.0で。 

フレンズは個人輸入して買ったが、今はあんまりメリットがなさげ。
国内でも1万円ちょっとで全シーズンのBOXセットが買えるっぽい。

 

体質改善

まあ、ダイエットがメインではあるが。
ラーメンを食べ続けるための体づくりが一番の目標。

まずは去年始めた完璧栄養バランスメニュー(数値上)をとりあえず続けることからだな。

あとは運動なんだけどねぇ…。
外に出るの嫌いだからなあ…。 

目標立ててるのにやる気なさ過ぎだな。

 

その他

iPhoneアプリの開発も諦めてはいない(ただ、実機テストが無料でできるようになったので、それで満足しそう)。

文章を書きたい。
Twitterの1万文字のうわさに否定的な人も多いけど、1日1回1万字ツイートとかやったらおもしろそう。
相当きついだろうけどね(この記事でさえ2,000文字いってない)。

もうちょいいろんなラーメン屋さんを訪れたい。
去年はほとんど地元で済ませたからな〜。 

ドラえもん企画を完走は厳しいが、半分くらいまでは進めたい。

仕事の単価が上がるよう努力して、楽をしたい。

仕事デーと休みの緩急をつけたい。

まだまだ思いつきそうだけどこんな感じかな!

 

てことで、30代ラストの1年。
貧しくも豊かな1年を過ごせればそれでよい。

それでは、せーの、キリギリス!

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>