Homeグルメカレー › 【カレー】カレー食堂 リトル・スパイス〜ブラックカレー

【カレー】カレー食堂 リトル・スパイス〜ブラックカレー

DSC00678

 

吉祥寺はカレー激戦区だが、そんな中でも一番評価の高いお店がこちらのリトル・スパイス。
あと半年で吉祥寺在住20年を迎えるというのに、実は初めての訪問だった。
カレーは大好きだけど、家で食べるカレーこそ至高!という思い込みがあって、あまり外食することがなかったのだ。

今だからわかるよ。
家のカレーと外で食べるカレーは別の食べ物と思え!
ラーメンと同じく、そのお店ごとの色・味がある。
それだけ食べ歩く価値があるってもんだ。

まずは地元から、そのうちいろいろなところに足を伸ばしてみようと思う! 

スポンサードリンク

苦手にさよなら

いや、カレー自体は好きなのである。
ただし、苦手なカレーも多かったのである。

1.肉入りのカレーが苦手だった
2.パクチーが苦手だった
3.2.も微妙に絡んでくるが、アジアなカレーが苦手だった

1.は、家カレーでもずっと肉入りは食べられず、シーフードカレーのみ。
ところが、タモさんカレーなるものを知り、家でつくって食べて以来、カレーの肉はチキンでしょ!ってくらい好きになった。
3年前のことである。
ビーフは出がらしって感じになっていなければOK、ポークは実はまだ苦手だが、これも食わず嫌いかもしれない。
ただし、今でもチェーン店やレトルトのものは、塊肉入りはきついかな〜(キーマカレーなどはOK)。

2.は今も健在…ときのうまでは思っていた。
が、注文のときに抜いてもらうのを忘れ。
というか、食べている間、これがパクチーということに気づかなかったという。
かなり昔に「これ苦手だな」と思って避け続けていたわけだが、十何年を経て味覚も変わったのか、ただの食わず嫌いになっていたことが判明した。

3.は、香辛料のどれというのはわからないものの、アジアな感じだと苦手なものが多いという、ぼんやりした理由。
なので、和風・洋風カレーしか食べられず、本場のインドカレーも苦手だった。
ところが、去年だったか、職場のそばのインドカレー屋に勇気を出して入ってみたら、全然いけるやん!と。

2.については実際に食べてみて判明したことだが、1.と3.の割と大きな理由がなくなったので、評価の高いこちらのお店に行ってみようとなった次第。

 

実食

お店に着いたのは日曜日の17時前。
3席ほど空席があった。
メニューを出され、一応ざっと目を通すが、きょうは一番人気のブラック・カレーにすると心に決めていた。

大盛りにするか迷ったが、ライスのみの大盛りということなので、本来のルーとライスのバランスを知るべく、今回は普通盛りで。
実食後の感想は、おいらには大盛りでも十分な量のルーだったので、お腹との相談で次回は選択肢に入れようと思う。

メニューに載っている説明によると、ブラックカレーは「スリランカの家庭料理がヒントのとり手羽元の辛口」とある。
ただ、全然詳しくないので、実際食べてみても「アジアのカレーだな」、その程度しかわからず。
でもおいしい。
何がどうなってるかわからないけど、おいしい。
この辺、もっといろいろ食べ歩いて、ちゃんと説明できるようになりたいなあ。

辛口という点については、ヒーヒーいうほどではないけど、水を飲む量がちょっとふえるかなというところ。
ちなみに、おいらの辛さ許容度は多分普通の人レベルで、辛いのは好きだけど、激辛になるときついって感じ。

手羽元はスプーンでも肉をこそげ落とせるくらい柔らかくておいしい。
3本も入っているので、お得感もある。

トッピングはスライスオニオンと、苦手だったはずのパクチー、ゆで卵、らっきょう。
あと、ポテトとグリーンピースのあれ…何て言うんだ?
ポテト大好きなので、うれしかったっす。

 

まとめ

すごくおいしかったんだけど、どストライクというわけではない感じ。
ただ、1日経った今、既に何か懐かしいというか、また食べたくなってる自分がいたりもする。
くせになる味というんだろうか…、時間をかけて虜になってしまいそうな予感がある。

あと、メニューによって全然違うルーが楽しめるとのこと。
特にチキンクリームカレーとブナ(スペシャルレバーカレー)というのに興味津々だ。

再訪はそんな遠い話じゃないだろう。

 

店舗情報
店名 カレー食堂 リトル・スパイス
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 山田ビル 2F
電話番号 0422-20-7915
営業時間 平日:17:30〜21:00
土日祝:16:30〜21:00
(ルーがなくなり次第終了)
定休日:不定休
参考リンク 食べログ
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 山田ビル 2F

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>