Homeグルメラーメン › 【ラーメン】MENSHO TOKYO〜ラム煮干中華そば・味玉のせ(850円)

【ラーメン】MENSHO TOKYO〜ラム煮干中華そば・味玉のせ(850円)

IMG 1774

先週の水曜日、スタジオ前に行って来た!
後楽園が最寄りだが、総武線ユーザーのおいらは水道橋からてくてく歩いたよ。
体は冷えてしまったけど、ラーメンで温まるからいいのだ!

プレオープンでいただいてから初めてなので、とても楽しみにしていたぞ!

スポンサードリンク

システムとか

食券制。
IMG 1777

プレオープン時には、ラーメンもつけ麺もいただいたのだが、
うわさによると、つけ麺のスープの味がしなかったらしいよ…! タレを入れ忘れた説濃厚。

というわけで、本当のつけ麺の味はどんな感じか、食べてみたい気持ちはあったが、
最近のマイブームということで、昼夜10食限定のラム煮干中華そばをチョイス! 

 

ご尊麺

IMG 1783 

味玉半分はサービスですね、ありがとうございます!

スープは煮干しがどかん!
煮干しにも淡麗系とがっつり系があるけど、こちらは後者。
ただ、そこまで重さを感じないのは、ラムげんこつの効果なのか、さわやかアイテム柚子のおかげか。
がっつり寄りではあるものの、煮干しのえぐみはなく、後味は意外とすっきりという不思議な感じ。

麺。
IMG 1788

最近淡麗系の煮干しをよくいただいていたので、煮干し=細麺みたいに考えていたのだけど、
やっぱりがっつり寄りには太麺だね!

味玉、豚チャーシュー、穂先メンマ、どれも大好きな庄のの味。
が、やはり特筆すべきはラムでしょうね!
IMG 1790 

低温調理のラムチャーシューは、ラムのうまみがギュッと凝縮されている。
実はラムも低温調理チャーシューもあんま好きじゃないのに、これはおいしく食べられる。

ちなみに、ほんとに苦手な方は、ラム抜きもできますよ、とのこと。
かわりに豚チャーシューになるのかな?
確認しなかったけども。

さいごにほうじ茶の粉末を入れて、さっぱり後味を堪能。
ほんと、このアイデアってどこから出てくるんだ…。

IMG 1791 

 

まとめ

ちょっと日数が空いちゃったので、いつもよりテンションの低いレビューとなってしまったが、
このラーメンもめちゃめちゃおいしかったっす。

ラムという、ラーメンではまだまだ珍しい食材を扱っていながら、
市ヶ谷庄のから続く「あの味」と「あの香り」を確実に継承している。
「あの味」「あの香り」って何だよ!と思われそうだが、
麺庄フリークならわかる独特の味があるのだよ〜。

メニューも結構豊富なので、煮干し以外も食べてみたい。
もちろん、プレオープン時のリベンジ、つけ麺もね!

 

店舗情報
店名 MENSHO TOKYO
住所 東京都文京区春日1-15-9
電話番号 03-3830-0842
営業時間

11:00~15:00/17:00~23:00
定休なし

参考リンク ホームページ
Twitter
ラーメンデータベース

食べログ
東京都文京区春日1-15-9

  

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>