Home多読 › 【読了】Sherlock Holmes and the Sport of Kings(OBW1)

【読了】Sherlock Holmes and the Sport of Kings(OBW1)

 

邦題は「白銀号事件」というらしい。
これはリトールドだが、もともと短編とのこと。
翻訳も読んでいないと思う。

スポンサードリンク

 

あらすじ(アプリの説明文より引用)

ある晩、数々のレースでの優勝歴を誇る名馬、シルバー・ブレイズが消えた。そして残されたのは、調教師の死体……。「Sherlock Holmes and the Sport of Kings」は、消えた競走馬と殺人事件との関係を、ホームズとワトソン博士が探り出す物語。

 

物語的おもしろさ

実は多読を始めたきっかけというのが、子供のころ翻訳で読んだホームズや、アガサ・クリスティーの本を原文で読みたいというものだった。
なので、リトールドとはいえ、英語でホームズを読めるのは楽しみにしていたのだけど、これはどうかな、ちょっとミステリーとして詰めが甘いように感じてしまった。もちろん、リトールドによって表現しきれていない部分があるかもしれないが、ミステリーの主軸に動物が入ると、不確定要素が大きくなるような気がするんだよな〜。
とはいえ、独特のホームズの言い回しなどはしっかり表現されていると思うので、好きな人には多読の取っかかりとしてとてもよい本だと思う。

余談だが、読んでいる間はドラマの「SHERLOCK」の影響か、カンバーバッチで脳内再生される。子供のころ持っていたイメージとは違うのに、すっかり上書きされてしまったよ。

  

多読的読みやすさ

400語だから余裕と思ったら、幾つか知らない単語が出てきた。こういうことがあるから、低いレベルの本も侮れない。
それでも文章的には戸惑うこともなく、だれが犯人か予想しながら、ちゃんと読書として楽しめた。こういうふうに物語に入って読めるのはいい。 
頭の中で日本語に訳しながら読む部分もあったが、ほとんどは英語のまま入ってくる。ただ、ミステリーは特に「こいつが犯人かな?」などと考えつつ読んだりするので、読むときに訳しているのか、考えるときに訳しているのか、その境目が実はあいまいだったりする。さすがに多読のみで、英語で考えるというところに到達するのは難しいだろうからね。

 

まとめ

いつかはオリジナルで読んでみたい本作。とはいえ、オリジナルは表現が古い部分もあるだろうから、いつになることやら。
それはともかく、OBW1の目玉であることは間違いない。ほかの本は子ども向けの本が多いが、ホームズはだれが読んでも楽しめるから。

 

多読の記録

語数:5,925語
総語数:401,335語

 

ということで、40万語達成!
もう少しで1年、スローペースながらここまできた。理想は1年で100万語だったんだけど、半分も到達してない。が、この前まとめたときに、着実に実力はついてきていると実感したので、問題ないのだ。でも、次の1年では100万語に到達したいな。読むのが多少は早くなっている&疲労が少なくなっているはずだと信じて。

 

多読本まとめページOBW Stage1まとめページつくりました!
各レベルごとのまとめページは簡単なデータベースとなっており、総語数やあらすじなどのデータを記載しています。また、各ネットショップへのリンク、当ブログ内の感想ページへのリンクもあります。ぜひごらんください!


Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>