Home多読 › 【読了】The House by the Sea (CER3)(14冊目)

【読了】The House by the Sea (CER3)(14冊目)

 

読み終えて2〜3週間たってるのでちょっと記憶が…。

スポンサードリンク

物語的おもしろさ

「嫁が約束したのに別荘に来ない! 何かがあったに違いない!」

と慌てるお話です、こんな書き方したけどシリアスよ。
最初はミステリーとして読み始めるのだけど、最終的には夫婦の問題にいきつく。

結末は物語として期待するものではないが、読んでいて「まあ、そうなるよね…」と納得できたかな。
これはだれに感情移入するかで変わってくる部分かもしれない。

明るい気分になるお話ではないので、読む人を選ぶ感じかな。
 

多読的読みやすさ

すんなりと入ってくる文章で、非常に読みやすかった。
単語も簡単、文法も簡単。
これの前に読んだのが児童書だったこともあるのかな。
やはり学習者向けのほうが読みやすい。

 

まとめ

読みやすいが楽しいとはいえない、なかなか悩ましい書籍。
ただ、興味を失うほどつまらないというわけではないから、読みやすさを優先にするなら、このレベルの最初の1冊としてちょうどいいかもしれない。

 

多読の記録

語数:15,919語
総語数:326,125語

5月終わりくらいから多読サボり中。
そろそろ再開する予定。 

 

多読本まとめページCER Level3まとめページつくりました!
各レベルごとのまとめページは簡単なデータベースとなっており、総語数やあらすじなどのデータを記載しています。また、各ネットショップへのリンク、当ブログ内の感想ページへのリンクもあります。ぜひごらんください!


Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>